結婚式招待状の返信の書き方

結婚式の招待状の返信は社会人としてのマナーを問われます。書き方のポイントをご紹介します。まず、自分に対しての敬語表現は必要ないので「御」などは二重線で消します。このときに、二重線の代わりに「寿」の文字を使って消すと他の人と差がつき、新郎新婦にも喜ばれます。また、余白にはお祝いのメッセージを記入することもおすすめします。結婚式の招待状は手元に届いてから1週間以内に返信するようにしましょう。書くものも毛筆や万年筆が望ましいとされていますが、黒色のボールペンでも大丈夫です。社会人としてのマナーを問われる場面ですので、しっかり見直して返信するようにしましょう。

結婚式の招待状の返信のマナー

結婚式の招待状が届きましたら、同封の返信用ハガキで出欠の返事をします。この際のマナーについて説明します。やむをえない事情がない限りは出席とするのが一般的です。新郎新婦と親しい間柄の場合には、事前にメール等で打診があり回答していたとしても、必ずはかぎで返信します。招待状の返信には、期日が記載されてはいますが、受け取ってから、2~3日以内、遅くても一週間以内には返事を出します。招待されたけれどもやむを得ず欠席する場合には、返信のほかに、お祝いの品物や祝電を送って祝福するのがマナーです。お祝いの品物は、結婚式の一週間から二週間前には届けるように手配します。

結婚式の招待状の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 結婚式招待状を書く際のポイント All rights reserved